本文へジャンプ

日立パブリックサービス株式会社

Hitachi

代表取締役 安田 満の写真

 近年の水道事業は、事業収益の根幹である給水収益の伸び悩み、施設・設備や配水管路網の老朽化に伴う維持・管理・設備更新の事業費の増加など厳しい事業環境が継続すると予想されております。特に、維持・管理業務の分野ではベテラン技術職員の定年退職によって、水道技術の継承が難しくなると危惧されています。しかし、このような厳しい状況の中でも水道は市民生活にとって最も大切なインフラストラクチャーであり、蛇口を捻ればいつでも清浄でおいしい水道水が飲めるように安定・安全・安心な給水サービスの提供が求められております。
 こうした背景のもと水道事業運営の効率化と給水サービス向上の両立を図る為、今後の水道事業運営に於いては、水道事業体と民間企業とのパートナーシップにより民間企業の経営手法やノウハウを活用する事が一層必要になるものと予想されます。
 日立パブリックサービス株式会社は、鞄立製作所の水道施設・設備建設に関わる事業部門と連携し、水道施設の維持・管理・保守業務を専門とする企業として発足しました。総合電機メーカとしての多くの実績をもとに長年培ってきた経営ノウハウ・技術ノウハウを結集して施設の維持・管理・保守業務を推進し、水道事業者との緊密なパートナーシップにより水道事業の継続的発展に貢献したいと考えております。
 水道事業を支える高度で高信頼の維持・管理・保守業務を実現する為、なお一層の努力を重ねてまいりますのでご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

日立パブリックサービス株式会社
代表取締役 安田 満